退屈も仏教語

本願寺が発行している月刊誌『大乗』。気軽に読める記事も多く、毎月、楽しく読ませてもらっています。

私たちが普段使っている言葉のルーツは、仏教にあったことを教えてくれる「仏教語講座」、9月号では「退屈」を取り上げていました。

この言葉、「もともと仏教語で、仏教修行の苦しさや難しさに屈して、仏道を求める心が退き、精進努力する心を失うこと」を意味していたそうです。

そこから、くたびれて気力が衰えること、困り果てるなどの意味になり、さらに転じて、倦怠の意味となり、ひまを持て余すという意味になっていったのだそうです。

えっ?!退屈しのぎになったって?

修行が足りませんよ!

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中