「玄妙なる門」を修理

庫裡の玄関レールが壊れてしまい、建具屋さんに修理に来ていただきました。

建具屋さんはご町内のお寺の役員も勤められているそうで、修理の最中、お寺トークとなり、いろいろ教えていただきました。

レールを直すことはできず、新しいものと取り替えなければならないとのこと。とりあえずの応急修理を施し、後日、本格的にとなりました。

玄関とはもともと仏教語で、「玄妙なる関門」が縮まって玄関というようになったそうです。

今の状況は、玄妙というより、危うい門となっていますので、しっかりと直していきたいと思います。

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中