東の友人からハガキをいただく

東京時代に知り合った方からハガキをいただきました。

その方は、原発をなくす市民運動に関わっておられ、不肖私も3.11東日本大震災と原発事故を経て、何かしなければと国会前にかけつけた1人です。頼まれて運動を下支えするお手伝いするようになり、新たにたくさんの知り合いができました。私には財産と呼べるようなものはありませんが、この方たちと知り合えたことは財産だと思っています。

本願寺派の大谷光真前門主は原発事故を経て、原発に反対の意思表示をされており、心強く感じたものです。

原発はなくなってはいませんが、国民世論は大きく変化しました。原発輸出も事実上できなくなり、廃棄を含め莫大なコストがかかることが自明となり、コストが安いという政府のPRも通用しなくなっています。

いまも毎週金曜日に国会前で、一日も早く原発をなくそうとねばりづよく、あきらめず頑張っておられるみなさんに心からのエールを送ります。

ハガキの返事もちゃんと書かなきゃ。

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中