昭和20年8月12日往生

盆参り2日目です

浄土真宗の仏壇には基本的に位牌はありませんが、過去帳といって、往生された方の氏名、日にち、法名、行年を記載する法具があります。

あるお宅にうかがうと、昭和20年8月12日、お名前、法名、そして行年23歳と記された過去帳が開かれていました。

ご家族にうかがうと、中国で戦死された方とのこと。終戦まであとわずかで若い命を失ったのです。

仮にこの方が生きておられたら、いま90代後半です。ことしの春、この方と同い年の方の葬儀がありましたから、もし戦争がなかったらと思わずにはいられません。

その過去帳をながめながら、私たちは何をしてはならないのか、何をしなければならないのか、考えさせられるのでした。

こどもたちがいるご家庭に散華をもってまわったところ、思いのほか喜んでくれました。しおりがわりにいいですよ。

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中