下天のうちにくらぶれば

先日、五十歳になりました。

寿命が長くなった今日ですが、何が起こるかわからないのですから、健康には留意しなければと思います。

かつて織田信長が桶狭間の戦を前に、平敦盛の「人間五十年、下天のうちにくらぶれば夢まぼろしのごとくなり」を舞ったという有名な話があります。

下天とはなにか。

昔の宇宙観では、須弥山という高い山が宇宙の中心にあると考えられていました。その中腹に下天というところがあり、ここの1日は人間界の五十年に相当するというのです。

つまり、人間の五十年は、長い時のなかで見れば一瞬であり、はかないものということなのでしょう。

敦盛にかえります。

源平の合戦で16歳の敦盛を討ち取ったのは熊谷直実です。深く悔いた直実はその後、どうしたか。

直実は深い後悔と苦しみのなか京都吉水に法然聖人を訪ね、阿弥陀仏の教えに出遇い、念仏者として全く違った人生を歩むことになります。

直実のように劇的な出遇いではありませんが、せっかく出遇った仏教の教えです。夢まぼろしにならないよう、地に足をつけた1年にしなければと思うのでありました。

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

“下天のうちにくらぶれば” への 1 件のフィードバック

  1. 「人間50年〜」といえば、
    水曜どうでしょうの大泉さんが、すり足で扇子をかざして歩く舞い姿しか思い浮かびませんでしたが、あの謡が浄土教とつながっていたなんて。
    ご住職もお誕生日おめでとうございました。良い50代にして下さい

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中