泥の中から咲く

境内で蓮の花が咲いています。

最近は向日葵の開花のことをあげてきましたが、仏教で花といえば、やっぱり蓮の花です。

親鸞聖人の『入出二門偈』という著書のなかに、

「煩悩をそなえた凡夫が、仏の本願のはたらきによって信心を得る。この人はただの愚かな凡夫ではなく、泥の中に咲く白い蓮の花のような人なのである」とあります。

これは、中国の善導大師の教えを親鸞聖人が紹介したくだりです。

どんなにおろかな私であっても、仏がこれで必ず救うぞと願いをこめた念仏=南無阿弥陀仏ををとなえつつ生きる人(念仏者)は、泥沼に咲く美しい蓮のような存在である、そんな意味になると思います。

ひとことでいうならば、念仏者は蓮の花であるということでしょう。そう思っていただいて蓮の花を見ると、もしかしたら念仏がでてくるかも?

それは冗談として、蓮はいまが見頃です。みなさんのお近くのお寺にあれば是非、観賞にお出かけください。

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中