ユリを掘ったのは?

道端にヒメジョオンが咲いています。「こんなにぎょうさんあるなら、いけてしまえ」と雨の晴れ間に刈ってきました。

寺の玄関は今、花屏風なので、飾るのは我々の古家です。

だが待てよ、これはヒメジョオンで良いのだろうか?ハルジオンとの違いは?と、インターネットで調べるも、確定的な情報が得られず、それどころか、ヘラバヒメジョオンなる近縁種がさらに出現し「まあ、ええか」と、追究を辞めました。

なお、ユリ根を盗み食いしたと思われる野生動物を目撃。白昼堂々、境内をウロつこうとしているところを見つけた前坊守が金切り声をあげたので、かろうじて撮影に成功いたしました。これは何でしょうか?(坊守)

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中