世界第55位に

持続可能な開発目標(SDGs)をご存知でしょうか。

国連2015年に採択されました。加盟国が2030年までに達成することを掲げた目標です。

本願寺派も、この動きに賛同し、さまざまな取り組みを開始しています。

本願寺総合研究所のホームページに、その活動やキャンペーンが紹介されています。

17の大きな目標があり、13番目には気候変動への具体的な対策が掲げられています。

今日、新聞に、米ブラウン大学のある調査結果が紹介されていました。それによると、アメリカ軍のCO2排出量は国に換算すると世界第55位に当たるというのです。

国ではありませんが、国以上に米軍は排出しているということです。

ちなみに57位はポルトガルだそうです。

調査をまとめた同大学のクロフォード氏によると、09年以降、米国防総省は燃料消費量を大幅に減らしているそうです。作戦行動をもっと減らせばさらに大幅な削減ができるとし、「そうすれば世界はより安全になる」とコメントしています。

持続可能な世界のために、何を見直す必要があるのでしょうか。

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中