くらしの仏教語

『大乗』(本願寺出版)という月刊誌に「ミドルエイジのための仏教語」というコーナーがあります。6月号で取り上げられているのが「玄関」です。

今は建物の入り口を「玄関」といいますが、もともと「玄妙な道に入る関門」という意味で、奥深い教えに入る手始め、糸口をさしていたそうです。

禅寺の宮殿に入る入り口を指すようになり、江戸時代になって式台(かまちの前の段)を構えている出入り口を玄関というようになり、明治時代以降は住居や公共建築などの出入り口をさす言葉となったということです。

私たちが普段何気なく使っている言葉の元を辿ってみると、結構、仏教に元があった、ということが他にも様々ありそうです。

玄関や勝手口の段差部分に取り付ける化粧材を框(かまち)というそうです。

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中