事件の報にふれて

川崎市登戸で起こった痛ましい事件の報にふれ、強いショックを受けました。

被害に遭われた方たち、ご家族のみなさまの心中はいかばかりでしょうか。

心に受けた傷も大変なものだと思います。

いつもと同じ一日が、こうしたことで奪われてしまう。

無念でなりません。

お釈迦様の言葉を思い起こします。

「己が身に引き比べて、殺してはならぬ。殺さしめてはならぬ」

そのこころが育っていない。

本当に悲しいことです。

事件の背景や動機の解明

なぜ事件を防げなかったか

私たちが考えなければならないことは

あいまいにせず向き合っていかなければと思います。

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中