手製の経本づくり

日曜の法要では「讃仏偈」(さんぶつげ)、そして「正信念仏偈 第二種」というお経を唱えることになっています。

この2つを一つに納めたお経本はなく(たぶん)、パソコンの力を借りて手作りしました。

それにしても紙というのは奥が深い。

さまざまな種類と厚さの紙があることを知りました。

表紙は和紙です。

お経の本文は浄土真宗総合研究所のデータベースにあるので、引っ張ってくるのは簡単ですが、お経の横にある「博士」(はかせ)という記号を再現するのはなかなか簡単にはいきません。

作画ソフトを使って一つひとつ書いていきました。

使う機会は一度きりですが、今回、お経をテキストで打ち込んだことは、今後、独自のお経本を作るときに役に立ちそうです。

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中