立っているわけは

浄土真宗の阿弥陀さんは立っておられます。

今日のご法事の際に、なぜなのか、お話ししました。

待っているのではなく、仏の方から救っていく。

それは仏の心を持てない私、私たちのためです。

「素晴らしい教えですね」

お参りされたご門徒さんがおっしゃっていました。

逃げていく私を追っかけてきて抱きとめる。

一つ一つのいのちに、そんな接し方をされている。

阿弥陀仏とは、そういう仏様です。

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中